So-net無料ブログ作成
検索選択

ダッカで起きたレストラン襲撃事件、亡くなった日本人7人 [日々の雑感]



バングラデシュで起きたレストラン襲撃事件で、亡くなった日本人7人の名前が発表されました。
いずれも国際協力機構(JICA)のプロジェクトに関わっていたということです。

田中宏さん(80)
橋本秀樹さん(65)
小笠原公洋さん(56)
黒崎信博さん(48)
酒井夕子さん(42)
岡村誠さん(32)
下平瑠衣さん(27)


この事件は、バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時(日本時間2日午前0時)ごろ、レストランに武装した10人ほどの男達が侵入し、日本人を含む客など30人ほどを人質に立てこもったというもの。
このレストランは、ダッカの高級住宅街、グルシャン地区にあるレストラン「ホーリー・アルティザン・ベーカリー」。

その後、治安部隊はレストランを包囲し、人質解放を求めて武装グループと交渉を試みたがうまくいかず、事件発生から10時間を超えた2日朝、隊員ら100人以上が店内に突入した。
人質の一部は救出されています。

死亡した人質20人について、全員が外国人で、大半が日本人とイタリア人であると発表されていました。



バングラデシュは、人口約1億6千万人で、そのうち9割がイスラム教徒。
1971年にパキスタンから独立しました。
民主化の方向に進んでいますが、反対勢力もあり、対立が続いています。
国土は狭いですが、人口が多く、これから経済発展していくと期待されている国のひとつです。


昨年9月に、今回の事件があったグルシャン地区で、イタリア人の援助機関のスタッフが殺害。
さらに、昨年10月には、北西部で日本人男性が殺害されています。






nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。