So-net無料ブログ作成

安倍総理がつけていた「黄色い羽根」は何? [日々の雑感]

テレビのニュースを見ていたら、安倍総理や政治家が胸に「黄色い(きいろい)羽根」をつけていたので、気になって調べてみました。
調べてみると、「黄色い羽根」には、何種類かあるみたいですね。


安倍総理や政治家がつけていたのは、「社会を明るくする運動 ~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」というやつですね。
すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動 ということです。
今年で65回目ということなんですが、あまり知られていないような気もします。
7月が強調月間となっていて、期間は、7月1日から7月31日までの1ヶ月間。
募金というわけではないようです。
更正ペンギンのホゴちゃんというマスコットキャラクターまでいました。
“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~ 法務省



岩手県の黄色い羽根は、交通安全運動のためのもののようです。
昭和30年5月に、岩手県内の国道4号線で起きた大事故をきっかけに、交通安全のシンボルとして、岩手県内で「黄色い羽根」を配布したところ、全国に広がったようです。
しかし最近では、岩手県以外では、静岡県、山梨県、島根県 などの一部で行われているだけとのことです。
交通安全週間などにあわせて、配布しているようです。



また、石川県を中心に「腎臓移植の啓発・推進」のための募金のシンボルとして使用されているものもあります。
平成9年頃からはじまり、現在は、「NPO法人日本黄色い羽根協会」が行っているようです。
こちらの活動は、9月1日から11月30日を 募金強化月間としています。
医療機関などで、「黄色い羽根募金」の募金箱が設置されているようです。



【伊藤久右衛門】



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


パンガシウス?謎の白身魚の味は? [日々の雑感]

スーパーへ買い物に行ったら、聞き慣れない名前の魚の切り身が売っていたので、早速購入!!
「パンガシウス」? ベトナム産?
ゲテモノチックな名前に惹かれました!w
この切り身だけ山積みになっていたので、きっと売れなかったんだろうな・・・。

CIMG2305.jpg

カレーパン粉がまぶしてあって焼くだけだったので、早速実食。
白身魚で、パサパサした感じではなく、脂がのっていて、意外とボリュームがあります。

ただ、食べてみてわかりました。
のり弁とかに入っている「白身フライの魚や!」。
たぶん、フィッシュバーガーの白身魚もこれですね。

パンガシウスという名前は聞いたことありませんでしたが、知らないうちに(?)食べ慣れているので、おいしくいただきました。
味は、普通の白身魚です。
骨もなく、臭みもなく、肉厚なので、いろいろな料理に使えそうです。


検索してみたら、パンガシウスとは、ナマズの仲間でした。
ナマズ目パンガシウス科ギバチパンガシウス属で、ベトナムやカンボジアに、「バサ」と「チャー」いう2種類がいるらしい。
体長1m以上にもなる、超大型の淡水魚。

で、いろいろ調べてて、思い出した!
タイで食べてた「プラー・サワイ」。
東南アジアでは、市場などで、よく見かけます。
デカイ川魚だとしか聞いてなかったけど、こいつでしたか。

たぶん、タイに行っていたときに、かなり食べてたはず。
あっちでは、素揚げにして食べてました。
獲れたてだったからかもしれませんが、のり弁の白身フライよりもぜんぜん美味しかった気がします。

今度、普通の切り身を見つけたら、絶対買うぞ!



お取り寄せ・贈答サイト【47CLUB(よんななクラブ)】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


岡崎慎司、レスター・シティへの移籍!レスターってどんなチーム? [日々の雑感]

サッカー日本代表のFW 岡崎慎司が、ドイツ・ブンデスリーガのマインツから、イングランド・プレミアリーグのレスター・シティに移籍することで合意しました。
レスターシティの公式ホームページには、レスターのユニホームを着た岡崎の写真がトップになっています。
契約期間は4年とのこと。


岡崎は、清水エスパルス、ブンデスリーガのシュトゥットガルト、マインツ、と渡り歩き、今回、イングランド・プレミアリーグにたどり着きました。
プレミアリーグは、日程が詰まっていて、個人の力がないと、やっていけない、非常にフィジカルなリーグといわれています。


レスター・シティは、昔、強かった時期もあったのですが、10年ほど、2部や3部のリーグでした。
しかし、ここ数年で、リーグ1から、チャンピオンリーグ、プレミアリーグと昇格してきた勢いのあるチームです。

レスター・シティのホームは、レスターというイングランドでも歴史のある都市で、位置的には、内陸部になります。
個人的には、歴史的な建造物があちこちにあって、のんびりしている田舎町という印象があります。
サッカーも人気で、レスター・シティのファンという人もけっこういます。


たまには、旅行でいってみたいです・・・。



登山・アウトドア・ウォーキングを中心としたスポーツ専門店



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


衝突防止センサーの過信に警鐘!年配者の事故が多すぎ [日々の雑感]

駐車場で車にひかれたために2歳の子供が死亡したとして、両親らが運転者の60代男性に約5500万円の損害賠償を求めていた訴訟で、福岡地裁が運転者の過失を認め、約4800万円の賠償を命じました。判決は5月19日に言い渡され、確定しているようです。

運転していた男性の車は、車の前後に衝突防止センサーを装備しており、障害物があればブザーが鳴り、車内モニターで運転者に知らせる仕組み。
男性は、車の衝突防止センサーが反応していないので、男児をひいていないと主張。

しかし、衝突防止センサーは背の低いものには反応しないこともあり、発進するまでに幼児が死角に入る可能性があったのに男性は注意義務を怠ったというのが、今回の判決理由です。
判決では、センサーが反応しなくても目視による安全確認を怠った責任があると指摘しています。



衝突防止センサーが付いている車も増えてきていますが、やっぱり最後は人間の判断ですよね。
なんか当たり前すぎて、なんとも言いようがないのですが・・・。

そもそも「車の衝突防止センサーが反応していないので、男児をひいていない」という主張がよくわからない。
車に何か当たったのなら自分で分かるだろうし、その判断ができないのであれば、運転免許を自主返納すればいい。
機械はあくまでも補助なので、最終的には自分で判断しなければならない。
それが分からないのなら、もう一度自動車学校へ行って、勉強し直すべきだ。
車を運転すること自体が「危険行為」なのだから。


最近、年配者がおこす、おかしな事故が多すぎます。
高速道路を逆走したり、コンビニに突っ込んだり、縁石に乗り上げたり・・・。
たぶん、事件になっていない事故はたくさんあります。

今の年配の人が免許を取得した頃とは、ルールが変わっていたり、車の操作方法が変わっていたりします。
車が増えて、道路の状況が違っているということもあります。
痴呆などの病気が原因のこともあります。

「何十年も運転しているから大丈夫!」なのではなく、
「何十年も運転しているから危ない!」という意識を持ってもらいたいですね。



マイワインクラブ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


役員逮捕後に社長が会見!?常識破りの日本式会見 [日々の雑感]

女性役員が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、トヨタ自動車の豊田章男社長が緊急記者会見を行いました。
このような状況で、このような対応は、ちょっと異例です。
危機管理の専門家からも、いろいろと意見が出ているようです。


まず、この逮捕が、役員個人の問題だったこと。
会社全体に関わるような不祥事とかであれば、社長が出てくるということはよくありますが、
個人の問題、それも業務外の問題に社長が会見を行うことは珍しいですね。
今回は役員なので、従業員とはまったく違う話しなのですが、それでも、社長が出てくることはマレです。

次に、会見まで開いたこと。
普通は、文章を配るか、一言コメントを残すくらいです。
会見までしてしまうと、まだ捜査状況がよく分からない中で、余計なことを言ってしまうリスクはあります。

最後に、「法を犯す意図がなかったことを信じている」という発言。
どこの会社の社長でも、同じように思っているでしょうが、公の場で発言することはないですね。
会社としては、「違法であれば、社内規則にのっとって対応する」しかないので、言っても意味が無いことです。



危機管理的には、今回の会見は、メチャクチャで、リスクがありすぎるということになります。
トヨタのような大企業であれば、なおさら、危険な橋を渡っているだけと捉えられるでしょう。
危機管理のグローバルスタンダードでは、絶対にあり得ないような会見でした。


豊田社長は、「従業員は子ども」とし、子どもを擁護するというようなことを言っていました。
こういう考え方は、日本的です。欧米のような合理的な考え方とはちょっと違います。

これは日本国内で起きた問題です。
日本人に受け入れてもらわなければならない状況です。
日本には、日本の解決の仕方があります
今回の会見は、「ザ・日本式」といったところでしょうか。


最近の日本企業は、なんでもかんでも欧米式という感じがします。
だから、消費者である日本人には受け入れてもらえません。

それぞれの国に、それぞれのやり方があるはずです。
ヨーロッパでも、あえてグローバルスタンダードからズレた判断をするということがあります。

グローバルスタンダードが「絶対」というわけではないですよね。


ビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


働くママが多い都道府県は?子育てと仕事の両立問題 [日々の雑感]

政府が、毎年6月に発表している「男女共同参画白書」によると、15~64歳の女性の、昨年の就業率は63.6%となり、過去最高を記録したそうです。
今まで、家庭に入っていた女性が外へ出て働けば、労働人口が増え、経済も活性化するので、女性が働きやすい環境を整えることは重要ですね。

最近では、育児と仕事を両立しながら働くママも増えていますが、待機児童問題や保育所の慢性的不足など問題は山積みです。
ただ、大都市ではこういう話しをよく聞くのですが、地方の話しはあまり聞かない印象があります。


47求人.com というサイトに、「はたらくお母さんが多い都道府県」という統計データがあります。
これによると、太平洋側や都市部よりも、日本海側の方が、働くママが多いという結果になっています!
東京も、神奈川も、千葉も、埼玉も、ママはそれほど働いていないようです・・・。

このサイトでは、日本海側に子育てと仕事を両立している女性が多いのは、3世代同居率が高い都道府県が多いからとしています。たしかに、ランキングを見るとほぼ一致しています。

3世代で同居していれば、子供の面倒を見てくれるおじいちゃん、お婆ちゃんがいるので、安心して働きに出ていくことができます。同居でなくても、近くに住んでいるというだけでだいぶ違いますよね。

結局は、賃金とか、待遇とかではなく、「誰かに家にいて欲しい」ということなのではないでしょうか?


共働きで、仕事も家庭もというのは大変です。
誰かが、家のことをやってくれるのであれば、休日もゆっくりできますよね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


ギリシャ問題!破綻するとどうなる? [日々の雑感]

ここ数日、ギリシャとユーロがあわただしくなっています。
ギリシャ政府が、改革案を提出。ユーロ側は、それを「妥当」としましたが、最終合意が成立する可能性は低いとのこと。
少し、現実的な議論ができるようになってきたというところでしょうか?

なぜか日本ではギリシャの問題が大きく取り上げられません。
ときどきニュースなどでは見かけますが、トップニュースにはなりませんね。


そもそもギリシャが財政危機になったのは、国策の失敗。
資源の少ないギリシャでは、金融商品などに力を入れていたのですが、レバレッジが効いてGDPの数倍という借金を作ってしまいました。
国民全員が、10年くらい、無給で働かなければならないということです。
そのとき、お金を貸したのは、イタリア、ドイツ、フランスなどでした。

ユーロが監視しながら、返済計画を立てて借金を返済していくということだったのですが、国民への負担が大きすぎて、不満が出てしまいました。
その後、政権が変わったりして、なかなか話が進まず、そろそろ期限切れという段階です。
ギリシャは、IMFから融資を受けられないと、国が破綻してしまいます。

もし、ギリシャがデフォルトになったらどうなるのか?
ギリシャは、多くの分野で輸入に頼っているので、国民は生活できなくなるのではないかと思います。
イタリアなど、ギリシャにお金を貸していた国も影響があると思われます。
また、ギリシャがユーロから脱退して、ロシアやISなどと仲良くなると、ドイツなどは困りますね。

ギリシャは、財政的にも小さな国です。
ギリシャのGDPは、約2400億USドルですが、日本のGDPは、約4.92兆USドルです。
ぜんぜん規模が違います。
そのため、アメリカや日本については、それほど影響はないのではないかというのが、大方の見方です。
いま、アメリカも日本も景気がいいですからね。


ただし、金融市場は、かなり注目しているようです。
ギリシャが破綻すれば、ユーロ圏の株などは、一気に上下します。
もう、デフォルト前提で動き出しているかもしれません。
稼ぎ時ですからね(笑)。



【王様の撮影キット】



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


オキシコドンの作用と問題 [日々の雑感]

トヨタ自動車常務役員が、麻薬取締法違反容疑で逮捕されました。
密輸入したとされる薬は、医療用に使われる鎮痛薬オキシコドン75錠などで、アメリカでは痛み止めとして広く使われています。

オキシコドンとは、アヘンに含まれるアルカイドの一種テバインから合成されるオピオイド系の鎮痛薬。
日本では麻薬(ジヒドロヒドロキシコデイノン。別名オキシコドン)として厳格に管理され、入手するには、医師の処方箋が必要です。
アメリカでも、乱用のおそれが高いとされ、こちらも医師の処方箋が必要ですが、実際は、簡単に入手できます。アメリカで処方薬の乱用の話しになると、必ず名前が挙がる薬です。


oxicodon1.png


オキシコドンの有効成分は、「アヘン」に含まれているデバイン(オピオイド系アルカロイドの一種:鎮痛剤)。
ケシの実から採取され、モルヒネのような作用があります。
奮作用が強く、多量に摂取すると痙攣を引き起こす場合もありますが、モルヒネよりも副作用が少なく、医薬品原料として使われています。

アヘン由来の成分は、よく薬に使われていたのですが、日本では、薬事法の改正(10年ほど前)により、使えなくなりました。昔は、風邪薬などにも入っていました。
年配の人で「昔の薬はよく効いた」という感覚を持っている人も多いかと思いますが、それは正解です。

オピオイド系鎮痛薬は、歯科治療後の痛み止めや、高齢者の慢性疼痛(とうつう)の治療などに広く使われていますが、乱用を続けると、次第に摂取する薬の量が増え、事故につながりやすくなります。
呼吸抑制作用があり、過量摂取、他の中枢神経抑制薬との併用によって、命の危険につながるような呼吸抑制が起こることがあります。



今回の事件では、日本とアメリカの法律の違いという部分もあるのかもしれませんね。
これから、いろいろな国の人たちが日本へ出入りするようになると、こういう問題は増えてくると思います。

以前、マレーシアでお土産用にタバコを買って持っていたら、シンガポールの空港で怒られたことがあります・・・。
国ごとに数量制限が違っていたりするんですよね。

特に麻薬などの薬物は、即実刑という国も多いので、その国のことを調べず、自国の常識で行動していると危険です。


ちなみに、コーヒーなどは、日本では自販機などで子供でも購入して飲むことができますが、「薬」扱いで、ドラッグストアで大人しか買えないという国もあります。



アフィリエイトで稼ぐなら、ココから!



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


トヨタの新型株、狙いは? [日々の雑感]

トヨタ自動車は、「新型の種類株」を発行する、と発表しました。
この「新型株」の名称は、「AA型種類株式」ということです。

トヨタ自動車、中長期保有を前提とした「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始


トヨタの新型株の特徴

トヨタの新型株の発行価格は、「普通株」の市場価格より、2割以上高く設定するそうです。

また、普通株と同等の議決権が付くようです。

新型株は、5年間は売却できないとなっています。
5年後以降は、
 ・持ち続ける
 ・「普通株」に転換する
 ・トヨタに「発行価格」での買い取りを請求する
のどれかになります。

つまり、5年後に、トヨタ普通株が上がっていたら、「普通株」へ転換して、株式市場で売却して、利益確定ができる。
一方、トヨタ普通株が下がっていても、「新型株」は、発行価格で(倒産しなければ)トヨタが買ってくれるので、5年間保有しておけば損することはない、ということになります。


また、トヨタの新型株の配当利回りは、「変動制」となっています。

 1年目    0.5%
 2年目    1.0%
 3年目    1.5%
 4年目    2.0%
 5年目    2.5%
 6年目以降 2.5%

ちなみに、現在の「トヨタ普通株」の配当金利回りは、2.2%です。



仕組みとしては、債券みたいな感じですね。

企業としては、あまり株価に振り回されたくないという思いもありそうです。
業績に関係なく、株価が上下しても困りますからね。

また、トヨタは個人投資家の持ち株比率が低いので、長期保有の個人投資家を増やす狙いもありそうです。
長期投資を行う個人投資家にとっては、非常に魅力的な条件がそろっています。



で、この新型株を発行するかどうかは、6月16日の株主総会で決まります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


「白石さくら」がライブ中にリストカットで解雇 [日々の雑感]

アイドルグループ「エンタの時間」の 白石さくら さんが、ライブ会場内でリストカットを実行し、解雇されました。
関係サーバーがみんなパンクしているようですね。


<事務所発表>
「エンタの時間」で活動しておりました「白石さくら」ですが、本日2015年6月13日をもちまして解雇処分とさせて頂きます。

予てより、情緒不安定な面が目立っておりましたが、本日の公演の会場内で、
リストカットをし、イベント運営様、ライブハウス様、出演者様、会場内にいらっしゃったお客様に多大なるご迷惑をおかけする形となってしまいました。

リストカットに至る理由が、交際していた相手との関係の縺れである事、
また、その交際相手が、本日も来場していたファンの方で、現在同棲中という事も発覚しております。

リストカットに関しても、今回が初めての事ではなく、リストカット後の画像をSNSに掲載するなど、弊社規約に抵触する行動や発言を繰り返し、ファンの皆様を心配させる行為や言動も目立っており、再三注意してまいりましたが、改善されず、本日の事が起きてしまいました。

弊社としましては、「エンタの時間」の今後の活動を考えると、更なる支障をきたす可能性が極めて高いと判断し、誠に遺憾ではありますが、解雇処分という結論を出させて頂きました。
なお、白石さくらに関しては、今後の活動に関し弊社所属ユニットとの共演NG、
交際が発覚した該当者は、弊社所属ユニット出演公演の出入り禁止処分という形を取らせて頂きます。

今まで「白石さくら」を応援してくださった皆様には大変感謝しております。

並びに、本日の公演で居合わせた全ての方に、この場を借りて謝罪させて頂きます。
「エンタの時間」としての今後の活動は、「白石さくら」を除く4名で精一杯頑張らせて頂きます。

http://sweetly-music.com/978/



どうしたらこうなるのか理解不能です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感