So-net無料ブログ作成

TPPの著作権、非親告罪化や保護期間延長の影響 [日々の雑感]

7月28日から、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の閣僚会合が開かれますが、著作権に関する議論に国内の専門家から反発する声が上がっています。
アメリカは、著作権侵害の処罰に告訴を必要としない「非親告罪」化、保護期間の延長、法定賠償金の導入などを求めていますが、これらを受け入れると社会や文化の萎縮につながりかねないという懸念が生じます。


日本の著作権法では、著作物の無断使用に対し、個人なら10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、法人なら3億円以下の罰金と定めていますが、起訴するには、著作権者の告訴が必要となります。
つまり、著作権者が告訴しなければ、罪にはなりません。

アメリカの場合は、非親告罪なので、著作権者が告訴しなくても罪になります。
これは、「海賊版がテロリストや反社会勢力の資金源になる」という考えからです。

日本は、著作権者があえて告訴せず、著作物が寛容に利用されることで、社会や経済がうまく回っているので、もし、非親告罪になると、いろいろと影響が出てきます。

特に、マンガ・アニメ業界は、かなり様変わりすると思われます。
キャラクターのコスプレや、原作をパロディー化した同人誌などは、犯罪になる可能性大です。
日本のマンガ・アニメが盛り上がったのは、著作権者が告訴せずに、見て見ぬふりをしてくれているからです。

また、仕事をしていてコピーをとることは多いと思いますが、これも多くが犯罪になるかもしれません。
アメリカなどで仕事をすると、「これはコピーするな!」と言われることがよくあります。
というか、判断が難しいので、コピーをとる専門の人がいたりすることもあります。
日本のように、個人が勝手にコピーをとれる状況は、すごく便利です。



また、著作権の保護期間については、日本では作者の死後50年間なのですが、70年間に統一するよう求められています。

保護期間は、日本、カナダ、ニュージーランドなどが原則「死後50年」、アメリカ、オーストラリアなどが「死後70年」、メキシコは「死後100年」となっています。
EUなどヨーロッパ諸国の多くは「70年」なので、それに合わせようということです。

「50年」でも「70年」でもいいのですが、世界的に統一したほうが管理も事務処理も簡単になります。
経済的なメリットは、あまり無いかもしれませんが、統一する方向で動いているようです。




著作権の考え方が変わると、意外と身近なところに影響がでてきそうです。
条約として決まってしまうと、後から変えられないので、各国のメリットよりも、生活が豊かになることを優先してもらいたいものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


台風12号の進路、週末の天気が気になる [日々の雑感]

ここのところ、台風が連続して上陸していますが、
今度は、台風12号が近づいてきています。

台風12号も、勢力が強く、日本の南の海上を西寄りに進んでいます。

tt.jpg
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

台風12号は、23日の午前9時現在、時速約15キロという
比較的ゆっくりとした速さで、西北西に進んでいます。

中心気圧は955ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は40メートル。
最大瞬間風速は60メートル。

現状の勢力を維持したまま進んでいく、という予想になっています。


沖縄・九州あたりを進んで、日本海側に抜けていきそうです。

たしか、先週末も台風だったような・・・。
沖縄・九州・四国など、雨が続いている地域は、
洪水や土砂災害などにも注意が必要ですね。



実は、土日に地元のお祭りがあり、明日から準備なので、
天気を確認してみました。

今週末にお祭りという地域も多いと思いますが、
晴れてくれるといいですね!




タグ:台風
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


大阪の駄菓子「たこせん」 [日々の雑感]

大阪では、よく見かける「たこせん」。
エビせんべいにたこ焼きを挟んだ食べ物です。
駄菓子として、食べられているらしいですね。

5000.png


せんべいでたこ焼きを押しつぶして、食べます。

慣れないと食べにくいのですが、めちゃくちゃ美味しいです。

最近は、大阪以外の地域でも、見かけるようになりましたね。

私は、近所のたこ焼き屋さん(?)が、大阪出身の人で、
たこせんも出しているので、ときどき食べています。



いま、ものすごく食べたくなったので、書いてみました。



タグ:たこせん
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


動物よけ電気柵で感電!電圧440ボルトに上げていた? [日々の雑感]

静岡県西伊豆町の仁科川支流で、シカよけの電気柵近くにいた7人が感電し、2人が死亡するという事故が発生しました。
2009年には、兵庫県で、イノシシよけの電気柵に触れた男性が感電死する事故が発生しています。


今回の事故では、電気柵の一部が壊れ、電線が川の水に浸かり、漏電していたと見られています。
電圧100ボルトの家庭用コンセントを電源にしていたようですが、漏電を防止する機器がついていなかったため、漏電したままになっていたようです。

関係者の話しによると、100ボルトを、変圧器で440ボルトくらいに引き上げられていたらしいです。
電圧は、電線の距離が長いと弱くなり、電流も弱くなるため、遠くまで電気を送るために、電圧を上げていた可能性があります。

人間の体は、100ボルトでは25mAの電流が数秒流れると危険といわれています。
家庭用コンセントに直接つないでいたのであれば、当然、それ以上の電流が流れています。
しかも、水に触れていると抵抗値が半分くらいになるので、さらに感電死する確率は高くなります。

電気柵を設置する場合は、「パルス発生装置」という機械を使って、感電してもビリッとくるだけで、(人間も動物も)感電死しないようにしています。




電気事業法に基づく、「電気設備に関する技術基準を定める省令」では、電気柵を特殊機器としており、第74条の規定では、感電又は火災のおそれのないように施設することとされています。

また、経済産業省と農林水産省から、安全対策・注意喚起として、「鳥獣被害対策用の電気さく施設における安全確保について」という文章が出ており、ここでは、感電防止のための対応が示されています。

1. 電気さくの電気を30ボルト以上の電源(コンセント用の交流100ボルト等)から供給するときは、電気用品安全法の適用を受ける電源装置(電気用品安全法の技術基準を満たす、電気さく用電源装置)を使用すること。

2. 上記1.の場合において、公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に施設する場合は、危険防止のために、15ミリアンペア以上の漏電が起こったときに0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断器を施設すること。

3. 電気さくを施設する場合は、周囲の人が容易に視認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行うこと。



これにより、30ボルト以上の電源を使用する電気柵を人が容易に立ち入る場所に設置する際は、漏電遮断器を設置し、危険表示を行うことが必要です。

ただし、電気柵の設置には、特別な許可や免許が必要なわけではなく、農業者が設置することも可能なため、どのように管理していくのかは、今後の課題です。



動物よけの電気柵は、動物を驚かして、近寄らないようにするためのものなので、100ボルトも必要ないような気もしますが、バッテリーだと交換や充電に手間がかかるので、敬遠されるのかもしれないですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


イスラム教のシーア派とスンニ派の違い [日々の雑感]

中東のニュースでは、必ず「シーア派」と「スンニ派」という言葉を耳にします。
普通は、「イスラム教の中の宗派」くらいのことしかわからないかもしれませんが、「シーア派」と「スンニ派」が、宗教的に対立しているというイメージは、ちょっと違うかもしれません。


「シーア派」と「スンニ派」は、宗教的な違いは、ほとんどありません。
同じイスラム教でも、明らかに違う宗派もあるのですが、「シーア派」と「スンニ派」はほぼ同じです。

一番大きく違うところは、指導者(カリフ)の決め方です。

シーア派は、ムハンマドの子孫がカリフであるべきとする宗派です。
スンニ派は、話し合いによって皆から選ばれたものがカリフとなるべきとする宗派です。

これだけの違いなので、、シーア派とスンニ派が、宗教的正当性を巡って対立しているわけではありません。



日本とは違うので、わかりにくいかもしれませんが、イスラム圏は、政教一致の体制です。
「カリフ」は、宗教指導者であり、政治指導者でもあります。

中東の多くの国は、スンニ派の政権なのですが、イランはイラン革命で、シーア派が政権を取りました。
周辺国は、イランと同様に革命が起こるのではないかと警戒したため、シーア派は経済的にも不利な状況に追い込まれました。
これに不満を持ったシーア派の人たちが、団結して反政府活動を行なっているのが現状です。


なので、シーア派とスンニ派は、宗教的に対立しているわけではなく、「貧困層 vs 富裕層」という構図になっています。

さらに、クルド人の問題や、欧米諸国の思惑なども重なって、複雑な現状になっています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


台湾の総統選は女性対決、国民党と民進党 [日々の雑感]

台湾の与党・中国国民党(国民党)は、総統選の党公認候補に洪秀柱氏(67)を選出しました。
野党の民主進歩党(民進党)は、蔡英文主席(58)の公認を決めているため、事実上、台湾では史上初の女性対決となりそうです。

総統選(台湾総統選挙)では、台湾の国家元首である総統と副総統を同時に選びます。
正式名称は中華民国総統、副総統選挙といいます。
台湾の憲法では、総統は2期までということになっており、現在の馬英九総統は出馬できません。


台湾では国民党が圧倒的なのですが、今回は、少し違うかもしれません。

昨年、馬英九政権の中国寄りの政策が、市民の不満となり、学生を中心に、大規模なデモに発展しました。
日本でも、連日ニュースになっていました。
そのため、国民党の支持率が低下し、公認候補の擁立が難航しました。

台湾のテレビ局が発表した世論調査では、洪氏(国民党)の支持率は30%、蔡氏(民進党)の支持率は42%となっています。


数年前から、若い人を中心に、「台湾は中国ではない!」という意識が強くなってきたように感じます。
ネットで台湾の人たちとやりとりしていると、若干の温度差はありますが、そんな話題になることが増えました。
年配の人たちはともかく、台湾で生まれ、台湾で育った世代の人たちは、民主化を望んでいるようです。
経済的にも力をつけているので、将来的には「独立」という選択肢も視野に入っているのかもしれません。


台湾の総統選は、2016年1月16日に実施される予定です。



タグ:台湾 総統選
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


新国立競技場の建設問題、3つの疑問 [日々の雑感]

国立競技場の改築計画は、「新国立競技場 国際デザイン・コンクール」で、ザハ・ハディド氏のデザインが最優秀賞に決定し、そのデザインで建設計画が進んでいました。しかし、新国立競技場の総工費が2520億円に膨らんでいます。いろいろな問題が複雑に絡み合っていて、わかりづらいので、3つにまとめてみました。


なぜ金額が膨れあがったのか?

もともと、1300億円の予算という話しだった新国立競技場の建設。
なぜか、総工費が2520億円に膨らんでいます。

消費税増税や物価上昇による、原材料費や人件費の高騰などがあげられていますが、それだけで、2倍の金額になるとは思えません。
予算の1割程度増えるということはよくありますが、2倍というのは異例です。

構造的には、新国立競技場のシンボルとなるキールアーチが特殊なため、工事が難しいということもありますが、それはデザインが決定した時点で分かっていたことです。
デザインが出た時点で、基本設計に基づく概算工事費は1625億円となっていました。

その後、なぜ1000億円も増えているのかがわかりません。

公明党の石井啓一政調会長も、「国民に事情が知らされないまま工事費が膨れ上がってしまったのが最大の問題だ」と指摘しています。

ちなみに、東京スカイツリーの総事業費は約650億円、ディズニーランドの総工費が約1580億円、ディズニーシーの総工費が約3380億円です。



なぜ工事が間に合わないのか?

工事が間に合わないのであれば、2019年ラグビーワールドカップを別の会場にして、オリンピックに間に合わせるという案も出ているようです。

が、新国立競技場の建設計画は、もともと2019年ラグビーワールドカップのための計画でした。
オリンピックは、後からくっつけた話なので、ちょっと筋が違うかもしれません。

ザハ・ハディド氏のデザインを、もっと簡単なデザインに変更することも難しそうです。
金額的には、ゼネコンとザハ・ハディド氏に違約金を払って、簡単なデザインにしたほうが、安く上がるかもしれません。
しかし、国際的なデザインコンペで選んだデザインを変更するというのは、国際的な契約違反と見られてしまいます。今後の日本にとっては、こっちのほうが痛いですね。



責任者はだれ?

現状では、文部科学省の下村大臣だと思いますが、これもちょっとした問題があります。

そもそも、国立競技場の改築計画は、民主党政権の頃に作られたものです。
「新国立競技場 国際デザイン・コンクール」は、2012年11月に最優秀賞が決定しています。
これは、野田首相の頃です。

なので、他の政策で問題が出ても困るので、簡単に「変更」というわけにもいきません。
民主党トップが党内で、「変更しましょう」という調整をして、下村大臣に渡すべきだったと思うんですけどね。それができない民主党が問題です。

結局、安倍首相がなんとかするしかないのですが、どうやっても丸くは収まらないでしょうね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


テナガコガネで逮捕!特定外来生物とは? [日々の雑感]

特定外来生物に指定されている昆虫「テナガコガネ」32匹を飼育したとして、京都府の会社員の男らが警視庁に逮捕されました。

「テナガコガネ」は台湾や中国、東南アジアにかけて生息している大型のコガネムシです。
日本では、天然記念物の在来種「ヤンバルテナガコガネ」を保護するため、その他の「テナガコガネ」すべてを特定外来生物に指定しています。
コガネムシというより、小さいカブトムシみたいな感じですが、昆虫好きでないとわからないですね。



外来生物とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のことです。
日本では、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」という法律があり、海外から入ってきた生物に対して、規制しています。

外来生物は、身近なところにもいて、例えば、シロツメクサ(四葉のクローバー)、アメリカザリガニ、ウシガエルなども、外来生物です。

外来生物の中でも、生態系、人の生命・身体、農林水産業に被害を及ぼしたり、及ぼすおそれのある外来生物(侵略的外来種)の中から、規制・防除の対象とするものを、「特定外来生物」として指定しています。

「特定外来生物」ではないが、実態がよく分かっていない外来生物は、「未判定外来生物」として、輸入する前に届け出る必要があります。


今回の逮捕でもわかるように、外来生物法には、罰則があります。



侵略的な外来生物(海外起源の外来種)による被害を予防するために 、「入れない、捨てない、拡げない」というのが、外来生物被害の予防三原則となっています。
野外で特定外来生物などを見つけた場合には、警察や保健所へ連絡してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


ギリシャの国民投票と日本の安全保障関連法案 [日々の雑感]

ギリシャの国民投票で、緊縮策反対が6割以上という結果だったにもかかわらず、チプラス政権は、実質、緊縮策を受け入れました。民意よりも国益をとったというところでしょうか。

国民投票は、民主的な方法かもしれませんが、その結果が正しいとはかぎりません。
国民投票などの方法は、どうしても感情に流される傾向があります。

国民は、政治的・経済的な大局が見えていません。
実際、ギリシャ国民は、銀行から預金を引き出せなくなって、やっと状況の深刻さがわかったという状況です。
事実を正しく理解していない国民が、判断できるわけがありません。

結局、政治的決断により、緊縮策を受け入れ、ユーロ圏にとどまる可能性が出てきました。
ギリシャにとって、経済的には、ユーロ圏にとどまることが重要です。
国民投票の結果がどうであれ、他に選択肢はなかったのではないかと思います。



日本でも、安全保障関連法案が、週内にも衆議院で採決される予定です。
この法案が、将来的に国益になるのかどうかは、状況をよく分かっている政治家が判断するべきです。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感


岩手中2の自殺で校長会見!「いじめ」の定義は? [日々の雑感]

岩手県の中学2年がいじめで自殺したとみられる問題で、中学校の校長が、「いじめがあった可能性が高いという前提で調査をしている」と会見していましたが、なぜ、「可能性が高い」なのか疑問です。

文部科学省では、「いじめ」の定義を、

個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする。

「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」とする。

なお、起こった場所は学校の内外を問わない。


(注1)「いじめられた児童生徒の立場に立って」とは、いじめられたとする児童生徒の気持ちを重視することである。
(注2)「一定の人間関係のある者」とは、学校の内外を問わず、例えば、同じ学校・学級や部活動の者、当該児童生徒が関わっている仲間や集団(グループ)など、当該児童生徒と何らかの人間関係のある者を指す。
(注3) 「攻撃」とは、「仲間はずれ」や「集団による無視」など直接的にかかわるものではないが、心理的な圧迫などで相手に苦痛を与えるものも含む。
(注4)「物理的な攻撃」とは、身体的な攻撃のほか、金品をたかられたり、隠されたりすることなどを意味する。
(注5)けんか等を除く。

としています。

つまり、本人が「いじめ」だと感じていれば、それは「いじめ」です。

今回の件は、本人がいじめられていたという記述を残しています。
周りの生徒も、いじめがあったと認識しています。
これは、「可能性が高い」ではなく、明らかに「いじめ」なのではないでしょうか?



子供が大勢集まれば、必ず「いじめ」は発生します。
「いじめ」は、どんなにがんばっても、無くなるものではないでしょう。

周りの大人は、もっと、真剣に向き合わないといけないのではないかと思います。
どんなに「いじめ」を見つけ出すシステムをつくっても、大人が向き合っていなければ、解決できないでしょう。
「いじめはある」という前提で、ちゃんと、気づこうとして欲しいものです。



タグ:いじめ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感